MENU

吃音症でもハローワークに行って就職できる

吃音

吃音は単なる癖や精神的な問題ではなく、
医学的な疾患であり、
舌や声帯が主な原因ではなく、
脳機能の異常が原因で発症します。

 

吃音者の脳は、左半球の機能が低下して右半球が過剰に働いています。

 

言語療法により、右半球の過活動が正常化し、
左半球の活動が増加する事も確かめられています。

 

吃音は大脳半球だけでなく、
大脳基底核にも障害があると考えられます。

 

歌、朗読、独り言の時は、
吃音になる事は、まずありません。

 

しかし、そこに第三者が介入した途端に吃音になってしまいます。

 

それは第三者と向き合う事によって
精神が緊張状態に陥ってしまうためです。

 

つまり、吃音は対人によって発症する疾患であると言えます。

 

緊張や焦りに支配されると、
アドレナリンやノルアドレナリンという物質が分泌され、
思考も動作も硬直し、
脳が不活性化状態になり、
吃音が発症します。

 

吃音を改善するためには、
ドーパミンの分泌を促す必要があります。

 

精神的に余裕が出てくれば、
緊張や萎縮が解けて、
アドレナリンやノルアドレナリンの分泌が抑えられ、
吃音は改善します。

 

吃音は障害と認定されておらず、
障害者手帳が交付されません。


吃音は必ず克服できる

このページの先頭へ