吃音 突然 子供

吃音は優秀者病である

幼児の子供の吃音の突然の原因と治療法とは

吃音突然子供

吃音は、幼児の5%、成人の1%に見られます。

 

吃音は幼児期に発症する場合が多いです。

 

主に考えられる原因として、
脳の機能の分化がまだ不充分である点や、
育った環境などが挙げられます。

 

幼児期に発症する吃音を発達性吃音と言います。

 

吃音の大部分は発達性吃音が占めています。

 

発達性吃音はなぜか男の子に多く見られ、
男女比は三対一とされています。

 

更に、女の子の発症率は25%程度と低く、
男の子の方が発症の割合が高いです。

 

男の子と女の子に差があるのは、
言語発達に差が生じているからです。

 

女の子は男の子よりも言語能力の発達が速いと言われています。

 

そのため、男の子はストレスに晒されやすいとされています。

 

幼児の時期の吃音は、
自然に改善する場合が多いです。

 

幼児の吃音は50%の確率で
小学校入学前に症状が改善されます。

 

大人になるまで症状を改善できない子供は少ないです。

 

また、指導を受ける事で症状を克服する子供もいます。

 

ただし、症状を自覚する年齢になると、
改善が困難になります。

 

成長すればするほど、
吃音の克服が困難になります。

 

幼児は自分で症状に気づく事ができません。

 

できれば、症状を自覚していない幼児の時期に、
吃音の症状を改善しておくことが望ましいです。

 

早期に症状を発見し、
適切な指導や対応を行う事が重要です。