吃音 電話

吃音は優秀者病である

吃音の相談をハローワーク窓口に電話でする

吃音電話

吃音者が抱える問題について、
一番の難関は就労だと思います。

 

吃音者の場合、
最初の言葉が出てこないし、
活舌が悪くて相手に聞き返されてしまいます。
ですので、電話対応や接客業を避ける傾向にあります。

 

喋らなくてすむ仕事をと思い、
接客や営業以外の仕事を探そうとすると、
良さそうなのは工場くらいしかありません。

 

プログラマもあまり人と喋らないです。
黙々と作業する感じです。

 

電話対応無しのデータ入力一択で
仕事を探している吃音者も少なくありません。

 

吃音者の場合、仕事が限られるという先入観があるかもしれません。
しかし、「吃音者だからできない仕事」の方が少ないと思います。
吃音者だからという理由で自分の選択肢を減らす必要はありません。
吃音者だからという理由で、
データ入力一択で生きていくなんて、
勿体なさすぎます。

 

今はハローワーク窓口でも吃音者の相談に
親身に乗ってくれると思います。