吃音 病院 茨城県

吃音は優秀者病である

吃音病院の治療を茨城県で受けるなら…

吃音病院茨城県

吃音は、単語全体ではなく、
音や音節の反復で特徴づけられ、
流暢でない発語のことで発症年齢は3〜6歳で、
男子よりも女子の子供に多く見られます。

 

発達上の生理的な現象とも考えられていますが、
特に内向的で強迫的な子供に多く目立ち、
親の厳格さと過度の干渉に伴う子供の緊張や
不安定感などのかかわりも関係があるとされ、
神経症的な症状のケースもあります。

 

茨城県の病院における一般的な治療としては、
吃音そのものを叱ったりはせず、
不安や緊張を取り除くように指導しています。

 

多くの場合、自然に症状が改善しますが、
長引く場合には、言葉の訓練などが行われます。

 

吃音は、ことばが思ってるようにうまく出てこないことです。
話をするときに、ことがスムーズにでてこいことをいいます。
吃音はリズム障害に分類されています。

 

大勢で一緒に朗読をするときなどには、
みんなと同じようにすらすらと読むことができますが、
大勢の前で一人で同じ内容のものを朗読するときには、
つかえてしまします。

 

言葉が一度でつまると繰り返されます。
引き伸ばされる話しは、
2歳から2歳半くらいを中心に
4歳くらいまでに発生する一次性吃音です。

 

成長とともに自分のことばが流暢でないことを意識しだすと、
この状態について悩んだり、流暢に話す努力をしたりして、
吃音になる状況を回避しようという心理的負担が加わります。

 

この状態を二次性吃音と呼び、
そのことがさらに心理的負担となって重症化していきます。

 

話す時に、顔をしかめたり、
まばたきをしたり、手足で調子を取りながら、
そして顔が赤くなるなるなどの
自律神経症状がみられることがあります。

 

言葉が続けて話せるようになっても、
突発的に言葉を引き伸ばしてから、
この症状が始まる場合や成人になって単語や
語句全体の繰り返しから始まる場合もあります。

 

発祥の初期で、一次性吃音の場合には、
母親が心の問題であることを理解し、
対応するだけで改善していきます。

 

症状を指摘したり、
言い直しをさせず、
無干渉でいることです。