吃音 病院 岩手

吃音は優秀者病である

吃音の治療と診療をする病院を岩手で探すなら…

吃音病院岩手県

吃音とは「きつおん」と読み、
一般的には「どもり」と言われています。

 

言語障害の一種で、
自分の言いたいことがなかなか
出てこない症状のことを言い、
言葉の始まりがそうであったり、
後のほうがなかなか出てこない場合など
人によりいろいろです。

 

また、ある言葉だけどもるという人も
見受けられたりします。

 

吃音は、精神的に不安定な状態や
緊張してしまうと出てしまう場合が多いのです。

 

ですから、精神的に不安定になっている要因を取り除いたり、
和らげてあげることでおさまる場合もあります。

 

特に治療などしなくても年齢とともに
自然に治癒することも多くありますが、
医療機関で受診可能な疾病で
あることにはまちがいありません。

 

原因要素として考えられているのが、
てんかんや聴覚機能不全などがあげられますが
確実なものとしては解明されていません。

 

遺伝的なものや緊張感やストレス、
それに家庭環境やいじめなどが
大きく影響することも考えられています。

 

吃音の検査方法として、
日常のあるシーンにおいて緊張するかどうかの検査や
対話する力や性格といった面から行う検査があります。

 

治療方法として、薬を処方して脳内物質を調整しながら
不安や緊張を和らげたり取り除いたりする方法や
催眠療法を使うことで潜在意識に働きかける治療などがあります。

 

処方される薬として主なものは、
脳をリラックスさせるレキソタンや
気持ちを楽にして前向きな気持ちを高めるパキシル、
神経の伝達をよくするルボックス・デブローメールは
比較的副作用の少ないものとなっているのが特徴です。

 

また少し変わったところで話し方教室のようなスクールでも
吃音を専門のカリキュラムにしているところもあります。

 

病院口コミ検索サイトを調べてみると
岩手県内で治療できる病院やクリニックは
約100件あまりが検索できます。

 

主な病院やクリニックの診療科目は
精神科、神経内科、心療内科、耳鼻咽喉科などで
中には産婦人科などでも取り扱っています。

 

子供の精神的な要因からくる病である学習障害や
小児の心身症、被虐待児の治療をするとともに
吃音に関して専門的な治療をする
児童・思春期専門外来をもつ病院も
岩手県内に10件検索されています。

 

コミュニケーションや食べることに障害のある人たちの
言語、摂食・嚥下などの機能をリハビリテーションする
言語聴覚療法を行うところは一関市に該当がみられます。

 

地域別病院数では盛岡市が全体の3分の1をしめ、
その後に一関市も奥州市が続いています。