富山県にある小児吃音外来の病院を探して受診しましょう

吃音は優秀者病である
どもり・吃音でお困りのあなたへ


⇒6週間以内に吃音を改善する方法はコチラ!



富山県にある小児吃音外来の病院を探して受診しましょう

富山県吃音外来病院

言葉の最初を繰り返したり、引き延ばす、もしくはつまってなかなか声が出ないなどの喉に起こる疾患を吃音と呼んでいます。

 

吃音は大きく分けると2つに分類され、その1つが3から5歳にかけて発症するケースが多く、治療の適応効果が認められる発達性と呼ばれるものです。

 

8割程度は発症して3年ほどで自然治癒に至るとされています。

 

その間は家族や周囲の人たちが適切に関わることが大切であり、子供の吃音の改善や発達全般に関わります。

 

適切な関わりをしていたとしても、自然に治らないケースがあるのも事実です。

 

このような場合には継続的に支援を行っていく必要があるでしょう。

 

男の子の方が症状が多く見られ、女の子の3から5倍程度とされています。

 

そしてもう一つの種類が獲得性吃音と呼ばれるものであり、これは大人になり発症するケースが多い吃音に当たります。

 

獲得性は2つにさらに分かれ、1つが神経原性と呼ばれるもの、もう一つが精神的なストレス等の心因性です。

 

重症化すると吃音の症状の種類も増えだんだんと複雑になっていきます。

 

意思疎通に支障をきたしたり、悩みが深くなるなど、生活へも支障をきたすことにもなるでしょう。

 

治療を始める場合には、まず最初に子供の吃音の症状や言語の環境、養育環境などについてカウンセリングを行うことになります。

 

一人ひとりに合わせた関わり方を設定した上で、これを家庭で実践していくことになるでしょう。

 

安定した親子関係や子供の感情の安定を図り、吃音の改善を目指していきます。

 

病院で吉本の治療を受けるとなった場合には、一般的には耳鼻咽喉科、リハビリ科、また小児科や心療内科などを選ぶことになります。

 

その窓口は病院によっても大きく異なります。

 

どの病院でも吃音の治療を行っているわけではなく、指導を実施する病院は全国的にも少ないのが実情です。

 

また主に幼児の吃音の指導が中心となっています。

 

富山県で悩んでいるのであれば、小児吃音外来のある病院を探して受診することが求められます。