兵庫県の小児吃音外来の病院で名医の診察を!

吃音は優秀者病である
どもり・吃音でお困りのあなたへ


⇒6週間以内に吃音を改善する方法はコチラ!



兵庫県の小児吃音外来の病院で名医の診察を!

兵庫県小児吃音外来病院

兵庫県には小児吃音外来、吃音リハビリテーションを設置している病院があるので、コンプレックスに感じている場合はまず相談するのが良いです。

 

吃音は発話障害の1種と言われていて、頭の中ではイメージ出来ているのにも関わらずスムーズに言葉を発することができない状態を指します。

 

吃音の原因は明確にある訳ではなく、成長の過程で発達障害が起こるケースがほとんどです。

 

ストレスや生活環境が関係していると言われることが多いですが、決定的な原因になっているとは言えないです。

 

一番良くないのはコンプレックスのせいで消極的になったり、色々なことを諦めてしまうことです。

 

自分のことを責めてしまう親御さんも多いですが、お子様が吃音になってしまうのは親御さんのせいではないので自分を責めないほうが良いです。

 

思春期のお子様がいる親御さんはお子様が吃音をコンプレックスにしてしまう前に小児吃音外来、吃音リハビリテーションを設置している病院に連れて行くことをおすすめします。

 

小児吃音外来、吃音リハビリテーションがある病院の多くは無料相談ができます。

 

吃音は人に相談するだけで気持ちが楽になり、前を向くことができます。

 

相談後はカウンセリングをして方向性を決めていく作業に移ります。

 

初回の受診では聴力検査を行って言語聴覚士と連携して訓練のプログラムなどを作成していきます。

 

症状によって訓練のプログラムは変動するので、自分専用のプログラムを用意してもらえます。

 

すぐに改善する人もいれば、ゆっくり時間をかけて訓練しないと効果が現れない人もいるので上手くいかなくても焦る必要はありません。

 

焦って取り組んでしまうとストレスがたまりますし、吃音に対して悪影響が及ぶ可能性もあります。

 

親御さんが必死になり過ぎるのも良くないことなので、お子様のペースに合わせて訓練するのがおすすめです。

 

根気強く取り組んでいけばある時急に治ることもあるので、諦めずにコツコツやっていくのが大事です。