沖縄県の小児吃音外来がある病院に相談

吃音は優秀者病である
どもり・吃音でお困りのあなたへ


⇒6週間以内に吃音を改善する方法はコチラ!



沖縄県の小児吃音外来がある病院に相談

赤面や吐き気や手足の震えや喉の詰まりや発汗や動悸や頻脈や腹痛など、緊張した時に起こり得る身体的な異常はいくつかありますが、吃音も代表的な症状の一つです。

 

プレゼンやスピーチや自己紹介などにおいて大勢の人の姿勢が一気に自分に集中すると緊張と恐怖で上手く話せなくなる、吃音が出てしまったらどうしようという不安感が常につきまとい緊張しそうなシチュエーションを避けてしまいがち、コミュニケーション能力や会話スキルが乏しく初対面の人とのコミュニケーションが苦手で無口になってしまう、就職活動時の面接で吃音が出てしまうと自己嫌悪に陥り自分に対して情けなさや怒りや不甲斐なさを感じるなど、吃音にまつわる悩みを抱えていて生きにくさを感じている方は多いのではないでしょうか。

 

吃音は子供の病気というイメージを抱かれがちですが、そんなことはありません。

 

大人になって発症する人もいますし、平常時は出ないのにストレスや緊張や恐怖や心配などの精神的な作用によって生じるという人もいます。

 

悩みやコンプレックスを抱えていると自分に自信が持てなくなり、前向きに堂々と人生を楽しむことが出来なくなってしまいます。

 

一度きりの人生を吃音のせいで台無しにするのは勿体ないですので、思い切って小児吃音外来を受診してみてはいかがでしょう。

 

沖縄県には小児吃音外来を設けている病院はたくさんあります。

 

病院で行う治療は主にリハビリテーションで、様々なトレーニングや療法を経て治していきます。

 

個人差がありますが、1年程度通院してコンスタントにリハビリテーションを重ねていけば、ほとんどの人が吃音の症状が解消されて流暢に話せるようになります。

 

メンタル面の不調やメンタル疾患と併発する傾向にある病気ですので、メンタルヘルスケアも同時に行うのが効果的です。

 

疲労回復と自律神経のバランス維持のための良質な睡眠、ストレス発散や気分転換などを意識した規則正しく健康的な生活も心がけましょう。