吃音 病院 神奈川

吃音は優秀者病である

吃音の病院を神奈川で探そう!

吃音病院神奈川

最初の言葉が出て来るまでに時間がかかり、
無音状態になったり、短い言葉でも詰まったり、
言葉がうまく出ずに吃るなどの症状を吃音といいます。

 

独り言を言うときや、
歌うときは問題なく話せるのに、公の場や、
大人数の前で発言するときに症状が出るという人もいて、
それをコンプレックスに感じ、
あまり話さないようにしている方も少なくありません。

 

人によっては、一言目をスムーズに出そうとして、
頬や足をたたきながら話したり、
話しながら足踏みするなどの随伴運動を行い、
それによって吃りへの注意を紛らわせようとすることもあります。

 

7割程度は自然に治るのですが、
悪化した場合は、話すことに自信がなくなり、
余計に言葉が出にくくなってしまいます。

 

どちらかというと4対1の割合で男性に多い症状で、
2歳〜5歳くらいに発症しやすく、
およそ9割は発達性吃音になります。

 

残りの1割は獲得性吃音で、
神経や脳などの病気が原因で発症したり、
ストレスやトラウマなどの心理的な問題で起こり、
この場合は10代後半に発症する場合がほとんどです。

 

神奈川県で吃音の症状で悩んでいる方があれば、
病院で治療を受けることをおすすめします。

 

病院と言っても何科に行けばいいのか
わからないという方もあるでしょうが、
大抵は耳鼻咽喉科やリハビリテーション科、
心療内科、精神内科、口腔外科になります。

 

大きな病院に行くと、
受付窓口で尋ねれば教えてもらえるので、
時間を見つけて足を運ぶようにしましょう。

 

耳鼻咽喉科やリハビリテーション科などに行くと、
言語聴覚士が担当し、言語治療により、
発声の訓練を受けることが出来ます。

 

心療内科や精神内科などに行くと、
臨床心理士が担当し、
精神面からの治療を受けることになります。

 

神奈川県の病院によっては、
言語聴覚士が常勤していないこともあるので、
治療を受けたい場合は事前に問い合わせておくと良いでしょう。

 

神奈川県に限らず、
全国的に吃音症の治療ができるところは少なく、
小児の治療のみのところもあるので、
大人が治したいときは、
よく調べてから病院選びをすることが大切です。