愛知県の小児吃音外来のある病院を受診しましょう

吃音は優秀者病である
どもり・吃音でお困りのあなたへ


⇒6週間以内に吃音を改善する方法はコチラ!



愛知県の小児吃音外来のある病院を受診しましょう

愛知県吃音外来病院

会話をするときに言葉の発音がうまくできなかったり、言葉がスムーズにすらすらと出てこないなどの症状が見られることを、吃音症と呼んでいます。

 

女性よりも男性の方が多く見られると言われ、一昔前まではどもりと呼ばれることもありましたが、現在では吃音と呼ぶことが一般的になっています。

 

具体的な症状としては大きく分けると3つあり、その1つが連発と呼ばれるものです。

 

言葉の最初の文字を何度も言ってしまう話し方です。

 

そして話そうと思った言葉の最初の一文字目から二文字目までが長くなったり、語尾が伸びてしまうなどの伸発、さらには言葉がなかなか出てこずにうまく考えを伝えられないブロックの3つが該当します。

 

なぜこのような症状が発生するのかと言うと、その原因は2つありますが、多くの患者は発達性と呼ばれるものです。

 

これは幼児が複雑な会話を始める際に発症しやすいものであり、多くが2歳から5歳ほどで発症するとされています。

 

喘息持ちで言葉が途切れやすい、遺伝的要素などの体質的な要因、言葉をたくさん覚えたり表現できない感情に触れるなどの発達的要因、そして両親等との会話環境によるものなどです。

 

この中でも体質的なものが8割程度を占めているとも言われていますが、正確なところは分かっていないのが実情です。

 

そして10代後半以降に発症するものが獲得性と呼ばれるものです。

 

これは脳機能障害などによるものやストレス、トラウマによるものが原因だとされています。

 

このような症状は吃音を気にしすぎた時や緊張や不安を感じた時、発するのが苦手な言葉があるなどの際に出やすくなります。

 

大人の吃音も100人に1人程度見られ、決して珍しいものではありません。

 

大人の吃音は分かりにくく、コミュニケーションを楽しめるように治療やリハビリなどを進めていくことが求められます。

 

このような吃音に愛知県で悩んでいるのであれば、小児吃音外来のある病院を受診することが大切です。