隠れ 吃音

吃音は優秀者病である

隠れ吃音とは

隠れ吃音

吃音とは、言語障害の一種です。

 

吃音とは、喋りにくさを特徴とする疾病です。

 

吃音とは、流暢に言葉が話せない状態の事です。

 

吃音とは、声帯、呼吸筋、横隔膜、唇、舌、口蓋筋などの痙攣によって、
発音の際、第一音が円滑に出なかったり繰り返されたりするものです。

 

第一音が円滑に出ない吃音を難発性の吃音、
同じ音を繰り返してしまう吃音を連発性の吃音と呼んでいます。

 

吃音の主症状には、連発、伸発、難発の三種類があります。

 

吃音を一言でいうと、
話し始めの内的タイミング障害です。

 

吃音が発症するのは90パーセント語頭です。

 

吃音者が一番困るのは、
最初の一音が出なくて酸欠を引き起こす阻止です。

 

阻止の時は、呼吸ができない状態を引き起こして酸欠になります。

 

なお、吃音の症状や悩みを改善する方法は何通りか提案されているものの、
吃音が原因不明であるため決定的な治療法がないのが現実です。

 

特に重度で症状が固定化している吃音の場合、
自殺率も高いため、吃音を障害認定している国もあります。

 

例えば、アメリカでは障害者法により吃音は障害として扱われます。

 

ニュージーランドにおいても、法律により吃音は障害として扱われます。

 

ドイツでは、重度の吃音に限り、障害認定を受けることができます。

 

このように、法的に吃音症患者を保護する体制作りが各国で求められています。

 

どんな吃音者でも次のような場面ではあまりどもりません

  1. 独り言を喋る時。
  2. 二人以上で一緒に発声する時。
  3. ペット、赤ん坊、幼児に話しかける時。
  4. 周囲が騒音でうるさい時に話す時。
  5. イヤホーンをつけて話す時。
  6. 嬉しい心境の時。
  7. 異性に惚れられている状況で話す時。
  8. 自分がよく知っている専門知識を話す時。
  9. 相手よりも優越感に浸って話す時。
  10. 格好をつけて話す時。
  11. 自分がよく知っている台詞を話す時。
  12. 一定のリズムをつけて発声する時。
  13. 声が嗄れている時。
  14. 舌や唇を固定したまま話す時。