三重県の小児吃音外来で名医に相談できる病院

吃音は優秀者病である
どもり・吃音でお困りのあなたへ


⇒6週間以内に吃音を改善する方法はコチラ!



三重県の小児吃音外来で名医に相談できる病院

三重県吃音外来病院

三重県四日市市のみたき総合病院は、耳鼻咽喉科を備えている病院で、子どもの小児吃音外来を利用することができます。

 

平成13年に開設してから複数の耳鼻咽喉科のある医療機関と連携して対応に当たっており、中には名古屋大学もあります。

 

耳や鼻、喉の気になる小さな症状でも相談しやすく、吃音が疑われる場合は症状を診て対応が行われます。

 

担当の先生は話しやすく親身になってくれると評判なので、初めて医療機関に相談を検討する人にも向いています。

 

三重県伊勢市の市立伊勢総合病院は、児童と思春期に特化する外来と耳鼻咽喉科専門医の在籍ありです。

 

2019年にできたばかりの比較的新しい病院で、外観も院内も明るく清潔で抵抗感なく足を運べます。

 

総合病院なので患者さんは多いですが、吃音の悩みを抱える人にとって最適な相談相手が見つかるのも確かです。

 

駐車場完備で遠方からもアクセスできますし、子どもから高齢者まで対応する診療科が揃っているので、親子や家族揃って受診しやすく便利です。

 

三重県立子ども心身発達医療センターは名前の通り県の施設で、小児吃音外来を含む精神的な原因の吃音の相談にも最適です。

 

吃音は幼児期に発症しやすいと言われているので、気がついたら早めに受診して診断を受けたり、治療を考えることが必要となります。

 

吃音を見過ごしたり放置してしまうと、やがて周りの目が気になりストレスを感じたり、ストレスによって悪化する恐れがあるので、精神面のケアも期待できる吃音外来の施設は理想的です。

 

三重県の近畿大学医学部奈良病院は、生駒市乙田町にある施設で、子どもの吃音外来から大人の脳疾患などによる吃音にも対応しています。

 

診断や治療だけでなくリハビリの提供もありますから、診てもらえる上に改善に向けたサポートも受けられるのが魅力です。

 

地域密着型ではありますがバスを使ってアクセスできるので、遠方からも受診は可能ですし通院のハードルも低いといえるでしょう。

 

初診はまず耳鼻科で診てもらい、その後必要に応じて対応する診療科に繋がる形となります。