新潟県で小児吃音外来がある病院を探しましょう

吃音は優秀者病である
どもり・吃音でお困りのあなたへ


⇒6週間以内に吃音を改善する方法はコチラ!



新潟県で小児吃音外来がある病院を探しましょう

新潟県吃音外来病院

どもりと聞くと言葉をスムーズに出すことができない発話障害をイメージする人が多いかもしれませんが、正式名称は吃音症と呼んでいます。

 

一般的には2歳から5歳の幼児期に発症するケースが多く、男の子に多く見られる症状です。

 

吃音症を患った子供の8割程度は自然に治るとされているものの、場合によっては成人になっても吃音の症状が残る人が多く、決して珍しい障害とは言えないのが実情です。

 

吃音には様々な原因があり、場合によってはそれらが複数重なりあっているケースもあります。

 

具体的にどのような症状が現れるのかと言うと、3つの特徴に分けられます。

 

最初の一文字を繰り返すような繰り返しや、最初の一文字を引きのばすもの、最後に言葉を出すことができずに間が空いてしまう難発と呼ばれるものです。

 

このような言葉のなめらかさやリズミカルな流れを乱す話し方のことを、吃音の定義としています。

 

なぜこのような吃音の症状が現れるのかその原因としては、発達性のものと、疾患やストレスなどによって発症する獲得性の2つに分かれます。

 

多くは発達性であり、成長につれて自然に消滅していくことがほとんどです。

 

その後成長しても症状が残る場合の原因としては、遺伝的なものや環境要因などがあるのではないかといわれていますが、これは確定されているわけではありません。

 

どのように検査が行われるのかと言うと、幼児の場合には小学生用コミュニケーション態度自己評定尺度において、直接原因を探る検査が行われます。

 

吃音は原因や症状がかなりの種類にのぼるため、治療法は確立されていません。

 

そのためできるだけ症状を軽減するための治療が行われることになりますが、環境や年齢により利用できるものは様々です。

 

病院を受診するとなると小児科やリハビリテーション科などに行くことになりますが、できれば小児吃音外来に行くことが望ましいです。

 

新潟県で小児吃音外来のある病院を探し受診することが求められます。